公開講座「スクラッチでゲームを作ろう」開催

2017年9月30日

 本校(校長:角田範義)では、9月30日(土)に公開講座「ジュニア電気情報研究会4~スクラッチでゲームを作ろう~」を電気情報工学科(謝 孟春 主任)が開催し、小・中学生17名が参加しました。
 まず、講師の竹下 慎二 准教授から、初めてでも簡単にプログラム作成が体験できるスクラッチ(Scratch)について説明があり、参加者全員が楽しみつつ、集中してスクラッチによるプログラム作成手順とその考え方を学習しました。
 その後は、いくつかの課題を出して、それらを上手く作る事ができるか確認しました。プログラム作成がうまく出来ない場合、参加者と指導者でその原因を考えながら調整を行い、最後には参加者全員がしっかりと簡単なゲーム(障害物を避けるゲームなど)を完成することが出来ました。中には、実際のTVゲームにあるような工夫された作品もあり、参加者からは「友達とパソコンでゲームをするのが初めてで楽しかった」「ゲームは遊んでクリアするより作る方が難しかった」などの意見があり、有意義な公開講座となりました。
 なお、本講座は文部科学省主催の平成29年度地(知)の拠点整備事業(COC)の助成を受けています。

・担当教員:  電気情報工学科 教授 謝 孟春
                       電気情報工学科 准教授 竹下 慎二

        電気情報工学科 准教授 村田 充利

・補助学生:  電気情報工学科2年 大原 倫子、新川 亜美
        電気情報工学科5年 北野 佑磨、関本 健臣

 

スクラッチの説明を聞く参加者"

ゲームの作成に楽しみながら取り組む参加者

スクラッチの説明を聞く参加者

ゲームの作成に楽しみながら取り組む参加者