インドネシアボゴール農科大学と学術交流協定を締結しました

2017年9月25日

 本校(校長:角田範義)では、この度、インドネシア共和国のボゴール農科大学(Sepuluh Nopember Institute of Technology)との学術交流協定を締結しました。
 ボゴール農科大学は、インドネシアの国立の大学で、数多くの日本の大学と国際交流協定を締結しており、高専と同様に技術力を培う教育をし、インドネシア国内の産業や工業に大きな影響を与えている高等教育機関です。
 9月25日には、ボゴール農科大学国際交流担当のマラ講師による基調講演を本校で行い、教職員および学生が聴講しました。「ボゴール農科大学における国際交流活動の取り組み」と題した講演では、留学生の受入等の状況や、昨年度ボゴール農科大学に留学した本校学生の国際交流の活動の説明がなされました。講演後の質疑応答も活発に行われ、有意義な講演会となりました。
 本校では、現在締結している海外4大学との協定を最大限に生かし、学生の英語習得意欲や教員間の共同研究を充実させて行く予定にしています。

 

講演されるマラ講師1 講演されるマラ講師2
講演されるマラ講師1 講演されるマラ講師2
調印式1 調印式2
 調印式の様子1  調印式の様子2