【COC】紀の国大学シンポジウムに参加・第1回教育プログラム開発委員会を開催

2017年11月28日

 紀の国大学シンポジウム(和歌山大学、和歌山工業高等専門学校等主催)が、平成291128日(火)に和歌山県勤労福祉会館プラザホープ(和歌山市)で開催され、本校(校長:角田範義)のCOC実行委員長 土井正光 教授がパネリストとして出席しました。

 紀の国大学は、平成27年度に文部科学省に採択された「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」として、和歌山大学が中心となって実施している取り組みで、本校もメンバーとして参加しています。

 パネルディスカッションでは、「地方創生に向けた大学と地域の役割-わかやまの未来を切り拓く若者を育むために-」をテーマに議論が行われました。モデレーターとして和歌山大学 石塚亙(いしづかわたる)副学長、パネリストとして基調講演を行った高知大学 受田浩之(うけだひろゆき)副学長、千葉大学コミュニティ・イノベーションオフィス地域イノベーション部門 鈴木雅之 部門長、和歌山大学、信愛女子短期大学、大阪市立大学、大阪府立大学、摂南大学の教員と共に本校 土井教授も参加し、大学と地域の関わり方などについて活発な議論を行いました。

 さらに、ポスター(ブース)展示では、本校のCOC並びにCOC+メンバーとしての取り組みや、卒業研究・学生実験における各種取り組みを紹介しました。

 なお、今回のポスター(ブース)展示は、本校の教育プログラム開発委員会委員の皆様にもご覧いただき、本校のこれまでの取り組みに対してアンケートに回答していただくという形をもって、平成29年度第1回教育プログラム開発委員会とさせていただきました。

パネルディスカッションの様子(11.29COCシンポ) ポスター展示の様子(11.29COCシンポ)
パネルディスカッションの様子

ポスター(ブース)展示の様子