「テクノ愛2017」において環境都市工学科3年生チームが入賞

2017年11月23日

 テクノアイデアコンテスト「テクノ愛2017」(主催:テクノ愛実行委員会、共催:公益財団法人京都技術科学センター、京都大学産官学連携本部)が、11月23日(木)に京都大学で開催されました。このコンテストは、身近な生活に役立つ技術や最先端技術に関わるアイデアを募集し、審査・選考を経て表彰するものです。

 本校(校長:角田範義)からは、環境都市工学科3年生の尾崎嘉紀さん、得津椋生さん、西萩一喜さんのチーム(指導教員:青木 仁孝 助教)が、「シカコナーズ」と題した鹿対策用の忌避剤に関するアイデアを応募し、書面審査の結果、高校の部において健闘賞を受賞しました。テクノアイデアコンテストにおける本校学生の受賞は、昨年度の奨励賞に続いて2年連続となりました。

 

健闘賞を受賞した環境都市工学科3年生の尾崎さん、得津さん、西萩さん(左から).JPG 
  健闘賞を受賞した環境都市工学科3年生の尾崎さん、得津さん、西萩さん(左から)