公開講座「ジュニア電気情報研究会1~マイクラでプログラミングをおぼえよう~」開催

2018年5月26日

 本校(校長:角田範義)では、526日(土)に公開講座「ジュニア電気情報研究会1~マイクラでプログラミングをおぼえよう~」を開催しました。電気情報工学科(謝孟春主任)によるこの催しに小・中学生15名が参加しました。
  まず、講師の村田充利准教授から、身の回りにある家電製品の中にもコンピュータが入っていることや、コンピュータを動かすためには人間がプログラムを作ることが必要になるという説明がありました。
 その後、マインクラフト(略称:マイクラ)というゲームを題材にしたプログラミング学習ツールを使って、前へ進む・右を向く・資材を置くといったさまざまな機能を持ったブロックを組み合わせることで、ゲームのキャラクタを動かすことができることを確認しました。
 その後は、いくつかの課題が出されて、課題をうまく解決するにはどうすればいいのかを参加者が自分で考えてプログラムを作りました。終了後のアンケートも
非常に好評で、「自分の好きなようにプログラムできたのが楽しかった」、「プログラミングは電気などにとても必要なんだと思いました」など、参加者にプログラミングの大切さと楽しさが伝わったようでした。


  担当教員:電気情報工学科 教授  謝 孟春

 准教授 村田 充利

  補助学生:電気情報工学科 3年 新川 亜美

               3年 野田 綾音

 

補助学生の説明を聞きながらプログラムを作成する参加者 課題のプログラム作成に取り組む参加者
補助学生の説明を聞きながらプログラムを作成する参加者 課題のプログラム作成に取り組む参加者