本校の剣道部全国高専大会男子団体が第3位入賞

2018年8月23日

 平成30822日、23日福岡県久留米市で開催された、第53回全国高等専門学校体育大会剣道競技の部で、本校(校長:角田範義)が男子団体3位入賞しました。本大会での入賞は4年ぶり6回目になります。

 1年生3名、2年生2名、5年生2名と出場校の中で比較的若いチームで挑んだ大会でしたが、非常に落ち着いた試合運びで進めることができました。
出場全12校の本全国大会では、富山高専本郷戦で311引き分け、苫小牧高専戦32敗で予選リーグを突破し、準決勝佐世保高専戦で131引き分けでした。出場メンバーは以下の通りです。 

 楠見健太(環境都市工学科5年)、西原維吹(物質工学科5年)、村田遼真(電気情報工学科2年)、鈴木義幸(環境都市工学科2年)、乾未来(生物応用化学科1年)、宇治田元彦(環境都市工学科1年)、楠見鉄馬(環境都市工学科1年)。「試合中に考えて対応しつつ、自分の剣道を貫けた事は非常に成長した証。若いチームだけに、これからの成長と活躍が楽しみ。」と顧問の楠部真崇准教授は語りました。

全国大会男子団体3位入賞
全国大会男子団体3位入賞