本校の専攻科エコシステム工学専攻 井元誠志さんが国際生物学会議(インドネシア)で最優秀ポスター賞を受賞

2018年10月13日

 10月13日(土)にインドネシアのスラバヤで開催されたスラバヤ工科大学主催の国際生物学会議(the 4th International Biology Conference - 2018)にて、本校(校長:角田範義)専攻科エコシステム工学専攻1年生の井元誠志さんは、「Expression of formaldehyde dismutase gene (fdm1) of Methylobacterium sp. FD1 in E. coli and Fdm1 purification(メチロバクテリウムFD1株由来ホルムアルデヒドジスムターゼ遺伝子(fdm1)の大腸菌での発現と酵素Fdm1の精製)」と題した研究成果について、英語でポスター発表しました。
  
この研究発表により、一般の研究者も参加する中でただ一人最優秀ポスター賞(Best Poster presenter) を受賞しました。受賞した井元さんは「国際会議でこのような賞を受賞できて光栄に思います。これからこの研究をさらに発展させていきたいと思います。」と喜びを語っていました。 

受賞後の井元さん ポスター発表風景 受賞風景
受賞後の井元さん  ポスター発表風景 受賞風景