和歌山高専が全国高専ロボコン デザイン賞受賞

2018年11月25日

 11月25日(日)、東京・両国国技館でアイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト 2018 全国大会(高等専門学校連合会、NHKNHKエンタープライズ主催)が開催され、8つの地区大会の優勝チームおよび審査員推薦で選ばれたチームの合計25チームが出場しました。第31回目となる今回の競技課題は「Bottle Flip Cafe」で、カフェに見立てたフィールドに準備されたテーブルに、店員であるロボットがペットボトルを投げて立てていくものです。設置エリアが限定されているもののコントローラで操縦可能な手動ロボットと、カフェの中を自由自在に移動できる自動ロボットの2台を連携させてペットボトルを立て、競技時間2分でより多くの得点をあげたチームが勝利となる競技です。

和歌山高専(校長:角田範義)チームは、手動ロボットと自動ロボットが合体して巨大なメイドが誕生するユニークなロボット「江楠マキナさん」で出場しました。選手3名は知能機械工学科4年 上村綜次郎君、同4年 山本和波君、電気情報工学科1年 白倉佳司君、ロボットの整備等を担当するピットメンバー5名は知能機械工学科2年 辻浦才暉君、同2年 真田充君、同2年 高柳和生君、電気情報工学科1年 山田逸佳君、同1年 竹中翔子さんのメンバーで大会に臨みました。

トーナメント方式で行われた1回戦では、東海北陸地区代表の国際高専と対戦しました。本校チームのロボットが合体して巨大メイドが誕生した時には会場は大いに沸き、また本校チームは2段テーブルの下段に14本のペットボトルを立て、勝利しました。2回戦は北海道地区代表の旭川高専との対戦となり、合体は成功させましたが立てたペットボトルの本数がわずかに少なく、惜敗しました。しかしチームコンセプトの「会場を楽しませること」には成功し、和歌山高専初の全国大会デザイン賞を受賞しました。

なお全国大会の模様は、12月24日(月)午前10時05分~ NHK総合テレビで放送予定です。

デザイン賞受賞後のチーム写真 試合中の写真
 デザイン賞受賞後の本校チーム  試合中の様子