公開講座「Biodiversity and KOSEN−生物の不思議をしらべてみよう!− 生物の肉片からDNAを取り出してみよう!」開催

2018年9月29日

 本校(校長:角田範義)では、929日(土)に公開講座「Biodiversity and KOSEN−生物の不思議をしらべてみよう!−生物の肉片からDNAを取り出してみよう!」を開催しました。これは生物応用化学科(岸本昇主任)によるもので、中学生の6名が参加し見学の方もおられました。

 まず、補助学生から実験についての説明と諸注意があり、彼らの指導の下、実際の手順を踏まえながら実験が行われました。参加者らは、いくつかある動物の肉片から好きなものを選んで、それぞれについてDNA抽出を行いました。ほとんどの参加者が電気泳動の結果をはっきりと認めることができ、この実験から動物の種類によってバンドが異なることを確認しました。次に、魚の血液を用いて血液型判定を行いました。最後に、DNAを調べることで分かること、血液型判定で用いられる抗原抗体反応を利用した技術などの説明があり、参加者は皆熱心に耳を傾けていました。

   終了後のアンケートでは「DNAの話に興味を持っていたが、今日は知らなかったことも知ることができたし、さらに興味を持てる話と実験だった。」といった意見もあり、好評のうちに終えることができました。

 なお、本講座はコスモ・バイオ(株)の第15回公開講座応援団の助成を受けています。

DNA構造の模型を使って学生から説明を受ける参加者 ゲルにサンプルを流し込む参加者
 DNA構造の模型を使って学生から説明を受ける参加者  ゲルにサンプルを流し込む参加者