電気情報工学科3年生が第1回システム創成コンテストで入賞

2019年3月12日

1回システム創成コンテストが312日(火)、一橋講堂(東京都千代田区)で開催されました。このコンテストは、「技術を使って新しい価値を生み出すことができる技術者の育成」を目指し、国立高専共同教育プロジェクトの一貫として催されたものです。制御システム部門・通信システム部門の2部門から成り、全国51高専から選抜された全21チームが最終発表会に参加しました。

  本校(校長:角田範義)からは、電気情報工学科3年生の坂口文哉君、川西正悟君、德重匠太君から成るチーム「ゆめくじら」が出場しました。発表テーマは、Sigfoxと呼ばれる省電力無線通信規格を活用した「共同浴場の混雑状況を確認できるシステム」(指導教員:電気情報工学科・村田充利准教授)でした。プレゼンテーション審査およびデモンストレーション審査の結果、彼らは通信部門において見事、特別賞を受賞しました。

 受賞後の記念写真(左から川西正悟君、坂口文哉君、德重匠太君) プレゼンテーション審査の様子 
受賞後の記念写真
(左から川西正悟君、坂口文哉君、德重匠太君) 
  プレゼンテーション審査の様子
デモンストレーション審査の様子  作品展示ブース
  デモンストレーション審査の様子  作品展示ブース