平成31年度「知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業」 継続採択

2019年5月8日

本校(校長:角田範義)は、知財教育事業「展開型」の2年目継続採択を受けて、422日(月)、東京での事業説明会に角田校長並びに後藤多栄子教授が出席しました。

工業所有権情報・研修館(INPIT)の久保理事長の開会の挨拶に続き、来賓の文部科学省 持田調査官そして特許庁 柴田調査官より挨拶がありました。INPITの榎本 人材開発統括監の「知財を学ぶ」の話に続き、事業説明をINPITの高橋 知財人材部長が行い、アドバイザーの先生がたの紹介後、山口大学特命准教授・合同会社のCEOの陣内氏による特別講演「近年の知的財産学習事例と展望」がありました。

また、秋田県立男鹿海洋高校 大高教諭(アドバイザー)の「課題研究&総合的な探求の時間 探求と知財の関係」について模擬授業があり、その後、グループ毎にわかれて、討議を行いました。本校は「展開型校グループ」での討議に参加しました。

最後に統括アドバイザーの鹿児島興業高等学校 満丸校長よりしめくくりのコメントをいただき、榎本統括監が閉会の挨拶をされて終了しました。

 

記念撮影の様子
記念撮影の様子