物質工学科4年生チームが「わかやま環境賞」を受賞

2019年6月7日

和歌山県は、県内において優れた環境保全活動を行う個人または団体を表彰し、「わかやま環境賞」を授与しています。本校(校長:角田範義)からは、海洋エネルギー資源・メタンハイドレートを研究課題とする物質工学科4年生の東さくらさんと西中花音さんのチーム(指導教員:綱島克彦教授)が、「わかやま発!環境にやさしいメタンハイドレート採掘技術の提案」と題した活動内容で応募しました。
 東さん・西中さんチームは、紀伊半島の温泉水を用いた環境にやさしいメタンハイドレート採掘方法を実験的に確かめた研究活動、その研究成果の公表としての各種コンテストへの出場、さらに小中学生を対象にしたメタンハイドレート講座等での地域貢献活動が高く評価されて、見事、「
わかやま環境賞」を受賞しました。6月7日(金)に和歌山県庁で行われた表彰式では、受賞した学生らは仁坂吉伸 和歌山県知事より賞状と盾をいただき、「これまで行ってきた研究や地域貢献の活動をこのような形で評価していただいてたいへん嬉しいです。今後は後輩にも引き継いでいきたいです」と喜びの弁を述べていました。

賞状と盾を手にして喜び合う東さん(左)と西中さん(右)
 賞状と盾を手にして喜び合う東さん(左)と西中さん(右)