公開講座『メタルゴム鉄砲を作ろう2019』開催

2019年10月7日

本校校長:角田範義)では、7月26日(金)に、毎年恒例となった公開講座「メタルゴム鉄砲を作ろう」を、ものづくりセンター(技術支援室:辻原治 室長)主催で開催しました。今年度で早や6回目となるこの講座には、県内外から小学生9名・中学生10名(うち女子1)の参加者が集まってくれました。
 技術支援室の松本義幸 技術専門職員の司会で講座が始まり、参加者はゴム鉄砲の解説・ワイヤーカット加工技術の説明などを真剣な表情で聞いていました。そして機械が動いて加工するところをビデオ動画で見てもらい、精密加工で仕上がる仕組みを理解してもらいました。
 その後、ゴム鉄砲の製作では、参加者一人ひとりが、ボール盤を使った穴あけ加工やネジ切り・やすり掛けなどの手仕上げ加工を、ものづくりセンター技術職員スタッフ4名の指導のもとで実体験しました。参加者全員がアルミ板で組み上げたゴム鉄砲の質感に感動し、ものづくりの大切さ・愉しさを体験してもらう事が出来ました。
 完成後には恒例の試射を兼ねた的撃ちステージが待っており、全員で試射の精度を確かめながら遊んでもらいました。完成度と的に正確に当たる精度に満足した参加者たちは皆笑顔で、会場内は笑い声に包まれました。終了後のアンケートも、全員から「楽しかったです、またやりたいです」といった高評価を今年も頂き、盛況のうちに本講座を終えました。

組立て作業に集中する会場風景 手仕上げ加工を真剣に取組む子供たち
組立て作業に集中する会場の風景   手仕上げ加工に真剣に取組む子供たち