公開講座「和歌山県避難訓練シミュレータ体験教室」開催

2020年1月8日

 本校(校長:角田 範義 )では、12月21日(土)に公開講座「和歌山県避難訓練シミュレータ体験教室」を環境都市工学科(小池信昭主任)が開催し、中学3年生3名、保護者や見学者3名の、計6名が参加しました。
  参加者らは、交通計画及び都市計画におけるシミュレータ活用の意義について説明を受けた後、VR空間上に再現された和歌山県内を自動車で走行しました。

     終了後のアンケートでは「自分自身に将来発生し得ることなので、とても貴重な体験ができて良かった」、「運転する際の注意点が分かった」、「町をつくりたい」など、当該シミュレータ体験による学習効果に加えて、当該シミュレータを活用した取り組みへの興味も窺えました。

 なお、本講座は文部科学省主催の令和元年度地(知)の拠点整備事業(COC)の助成を受けています。 

体験乗車の様子
体験乗車の様子