学生寮で第2回目の避難訓練を実施

2020年10月15日

本校(北風幸一校長)の学生寮(柑紀寮、赤崎雄一寮務主事、寮生数415名)では、毎年2回の避難訓練を計画しており、今年度第2回目の避難訓練を1015 () に実施しました。

 今回の避難訓練は、午後7時に柑紀寮3号館2階の補食室から火災が発生したという想定で行いました。

   寮内緊急放送による避難命令の後、全寮生は学寮運営の補助にあたっている指導寮生・副指導寮生の指示に従い、避難場所である本校図書館棟前駐車場に非常用持出袋を持って避難し、指導寮生・副指導寮生による点呼が行われました。今回は学内のライフライン再生工事による通行止めの影響で従来とは異なる避難経路を通る必要があり、遠回りしながらの避難となりましたが、例年と大差ない1456秒で寮生全員の安否確認を完了しました。

   避難訓練の最後には、山東篤 寮務主事補から、「通行止めの状況を把握しておくこと、寮室にいないときに災害が発生したときは、15分後には避難場所へ集まっていることを念頭に臨機応変に対応すること」、との講評がありました。

1015_1.JPG 1015_2.JPG
3号館から避難する寮生 図書館棟前駐車場への避難