上海電機学院大学とのウェブ交流会を実施

2021年12月3日

 本校(校長:北風幸一)では、11月17日(水)、18日(木)の2日間、協定校である上海電機学院(中国上海市)とウェブ上での交流会を行いました。本校と上海電機学院は、平成15年より相互に短期留学生を派遣し、学生交流を盛んに行ってきましたが、今年も新型コロナウイルス感染症の影響により、学生の派遣が中止となりました。そこで、今年も昨年と同様に、ビデオ会議ソフト「Zoom」を用いた交流会を企画しました。希望者を募った結果、本校から15名の学生が参加しました。

 交流会は、両校の校長の挨拶で始まりました。その後、両校の学生司会者による説明の後、5つのグループに分かれ、「Chinese and Japanese Tradition in Modern Society(現代社会における中国と日本の伝統)」というテーマで、1.New Year celebration、2.Greetings、3.Sightseeing spot、4.Clothes and Uniforms、5.Foodについて、それぞれ準備してきたプレゼンテーションによる発表と、それについてのディスカッションを2日間にわたって行いました。全て英語によるコミュニケーションだったため、学生たちにとって外国語で自分の意見を伝えることの難しさを実感する機会になりました。

 今年もウェブ上での交流会となりましたが、これまで行ってきた両校の交流をできる範囲で継続することができ、両校、そして参加した学生たちにとって大きな意義があるイベントになりました。

 

「Zoom」を用いた交流の様子1   「Zoom」を用いた交流の様子2
 「Zoom」を用いた交流の様子