本校専攻科生3名が「第3ブロック専攻科研究フォーラム」において優秀賞を受賞

2022年3月18日

 本校(校長:北風幸一)の専攻科エコシステム工学専攻2年橋爪千佳さん(指導教員:生物応用化学科・米光裕教授)、同専攻2年楠本恵理さん(指導教員:生物応用化学科・奥野祥治教授)と同専攻2年夏見弥侑さん(指導教員:生物応用化学科・奥野祥治教授)が、令和3年2月25日(金)にオンライン開催された第3ブロック専攻科研究フォーラム(主催:国立高専機構第3ブロック研究推進ボード [令和3年度主査校:舞鶴高等専門学校])に参加し、「優秀賞」を受賞しました。本フォーラムは、第3ブロック地区(近畿・東海・北陸地区)の高専専攻科生が自身の取り組んでいる研究を発表し、議論・情報交換行うフォーラムです。

 橋爪さんは「固定化ホルムアルデヒドジスムターゼによる液相中ホルムアルデヒドの分解(Degradation of Formaldehyde in liquid by immobilized formaldehyde disumutase)」、
 楠本さんは「ジャバラ果皮の糖尿病予防効果(Diabetic prevention effect of Citrus jabara peel)」、
 夏見さんは「仏手柑由来クマリン類のアポトーシス誘導とその作用機構(Apoptosis inducing activity and their mechanism of coumarins from Citrus medica L. var. sarcodactylis)というタイトルの発表を行い、
これまでの研究で得られた研究成果と発表態度が評価され、本賞の受賞に繋がりました。

卒業式に出席した後の受賞者達
卒業式に出席した後の受賞者達