本校専攻科生が和歌山県知事を表敬訪問

2022年3月23日

 第4回高専防災コンテスト(国立高等専門学校機構、防災科学技術研究所主催)で「最優秀賞」を受賞した本校(校長:北風幸一)の専攻科エコシステム工学専攻2年生の西萩一喜さん(顧問教員:環境都市工学科教授・辻原治)が、318日(金)に和歌山県庁で仁坂知事に受賞の報告をしました。
 西萩さんは、主に小学生を対象として、土砂災害に関する知識や避難行動のあり方について学習する教材を、和歌山県土砂災害啓発センター(所長:坂口隆紀氏)の助言を受けながら制作しました。また、このロールプレイングゲーム(RPG)形式のコンテンツ「命を守るハザードマップ」は、日高川町立山野小学校などで実践されました。
 仁坂知事には、コンテンツを実演しながら、開発の目的や小学生に伝えたいことなどについて説明しました。仁坂知事からは、コンテスト本戦の様子や審査の方法などについて質問があり、受賞に対するお祝いと、4月から和歌山県庁の職員となる西萩
さんへの激励の言葉を頂きました。

和歌山県庁で知事に受賞報告をする西萩さん (左側奥から西萩さん、辻原環境都市工学科教授、右側奥から太田河川・下水道局長、安部県土整備部長、仁坂和歌山県知事、楠見技監、坂口土砂災害啓発センター所長) 仁坂知事に説明する西萩さん
 和歌山県庁で知事に受賞報告をする西萩さん
(左側奥から西萩さん、辻原環境都市工学科教授、
右側奥から太田河川・下水道局長、安部県土整備部長、
仁坂和歌山県知事、楠見技監、
坂口土砂災害啓発センター所長)
仁坂知事に説明する西萩さん