有田市立保田中学校でSTEAM教育に関する講演会を実施

2022年9月26日

 本校(校長:北風幸一)は、9月16日(金)に有田市立保田中学校三年生の技術科の授業で、知能機械工学科 教授 津田尚明を講師として「ユーザ視点での協働ものづくり」と題し講演会を実施しました。
 保田中学校では第三学年の技術科授業にて、地域の課題解決等をテーマ(令和4年度は防災・減災について)にものづくりの基礎を学び、プログラミングロボットを使用した成果発表までを一連の流れとして行っています。
 講演会では、ロボット製作の基礎を始めとして、ユーザからの本音の聞き出し方や、より良いものづくりを行うためには1歩2歩立ち返って考えることの重要性などが話されました。

steam-arida.png