本校学生が海洋環境保全についての研究で優秀賞受賞

2022年11月7日

 本校(校長:北風幸一)の生物応用化学科2年楠本光輝(くすもとこうき)君が、SDGs動画コンテスト2022において、「硫黄酸化細菌(SOB)を活用したアマモ場の健全な底質環境の構築」について優秀賞を獲得しました。

 また、本校エコシステム工学専攻2年園部琢巳(そのべたくみ)君が、日本沿岸域学会研究討論会2022において、「アマモ場-3cmに広がる微生物生態系の世界」と題した研究発表を行い、優秀講演賞を頂きました。

 二人を指導する楠部真崇 准教授(生物応用化学科)は、「いずれの受賞も海洋環境保全に関わる重要な調査研究を評価いただいた結果となっており、今後も継続的な研究を展開していきたい」と今後の抱負を述べていました。

 

R41104jusyouhoukoku.jpg
受賞した学生たち