アメリカ人技術者による異文化理解講演会を実施

2022年11月10日

 本校(校長:北風 幸一)では、10月31日(月)に、生物応用化学科3年生を対象として、ソフトウェアエンジニアとしてサンディエゴ市(アメリカ)で活躍されているライアン・リム(Ryan Lim)氏による講演会を行いました。

 リム氏は「アメリカの多様な社会で働くソフトウェアエンジニアについて」をテーマに、幼少期に家族と共にアメリカに移住したインドネシア系アメリカ人としての実体験を元に、白人と黒人以外にもアジア系やラテン系のアメリカ人も数多く存在し、それぞれ独自の文化を持ちながらアメリカ社会で協調して生活していることについて講演されました。

 最後にリム氏が作られた簡単なソフトウェアのデモ実習も行われました。

 講演は英語で行われましたが、担任のスティアマルガ准教授による日本語の通訳が加えられ、学生達にもわかりやすい講演となりました。

 

R41031kougi.jpg
講演の様子