きのくにジュニアドクター育成塾「第3期第2段階 作ってみよう!避難ゲーム」

2023年10月20日

 本校(校長:井上示恩)が主催する「きのくにジュニアドクター育成塾」において、第3期第2段階の講座が、環境都市工学科 横田恭平 准教授を講師として、令和5年10月7日(土)に開催されました。

 この第3期第2段階とは、第3期の塾生が第1段階で学んだ講座の中でさらに深めたいと思う講座を選択し、それを実施するものです。講座を実施する時期は決まっておらず、塾生と指導する教員とで調整して行われるもので、塾生に合わせた形で実施しています。
 今回は第3期で実施した「作ってみよう!避難ゲーム1・2」をさらに深める講座を実施しました。
 今回の講座には3名が参加しました。この3名は、本校が以前に避難ゲームの作成でNHKより取材を受けた時に講座に参加していた塾生でした。この取材を受けた内容はNHK和歌山「ギュギュっと和歌山」、NHK和歌山「わかやま845」にてご紹介をいただきました。
守る 防災を楽しく学ぶ 和歌山高専「避難ゲーム」

 今回は、本校にある寮の入口から避難場所を経路とした避難ゲームを作成しました。まずは、その避難経路の写真を撮りに行き、その写真を使ってプログラミングソフトScratch(スクラッチ)を用いて避難ゲームの作成を行いました。塾生は第1段階の講座でScratchに触れているので、スムーズに作業を進めることができました。

 次回は、今回の講座で得た知識を活かし、塾生が住んでいる地域において避難ゲームを作成する予定です。これにより、自身の避難方法を知るきっかけとなり、さらには同居している人にも共有し、実際の避難の時に役立てることができます。



R5107kouzanoyousu1.jpg R5107kouzanoyousu2.jpg

講座様子