きのくにジュニアドクター育成塾「作ってみよう!避難ゲーム1・2・3」を開催

2023年11月8日

 本校(校長:井上示恩)が主催する「きのくにジュニアドクター育成塾」において実施する講座の一つ「作ってみよう!避難ゲーム1・2・3」が、環境都市工学科 横田恭平 准教授を講師として令和5年10月28日(土)及び29日(日)に開催され、塾生の小中学生のべ19名が参加しました。

「作ってみよう!避難ゲーム1」では、今回のゲーム作成で使用するプログラミングソフトScratch(スクラッチ)の基礎的な内容で講座を実施しました。
 小中学校によって学校の授業で利用しているかどうかが異なるため、今回の第4期から加えた講座となります。この講座は、対面とオンラインのハイブリッドで実施しました。対面の塾生はもちろんのこと、オンラインの塾生も理解できるような講座となっています。
 次に「作ってみよう!避難ゲーム2・3」では、災害時に避難をするためのゲームを作成するため、まずは防災に関する基礎知識を説明し、避難する場所の設定方法、最適な避難経路などを確認しました。本校には避難場所(おがたまの丘)が設定されており、そこへ避難するゲームを作成しました。説明のあと、避難ゲームに使用する写真の撮影を行いました。その写真を使いScratchを用いて避難ゲームの作成を行いました。講義を通じて塾生は、自身の家の周辺で避難ゲームを作ることが可能となるなど、防災に関する興味や関心をより深めるきっかけになりました。

 塾生からは、「避難ゲームを使ったことで、ゲームのことも防災のことも学べていい経験になった」「自分の家の周りを使った避難ゲームを作りたい」などの意見や感想が寄せられました。



   

講座の様子