========== ==========

生物応用化学科について

ごあいさつ

「生物応用化学科」は身の回りに存在する色々な物質について、化学・生物をベースに学習・実験し、さらに創造していく学科です。低学年では、特に化学・生物の基礎力、英語力や計算力の充実をはかり、4年生からは専門的な「生物化学コース」「応用化学コース」に分かれるのが特徴です。多くの授業や実験より、化学やバイテクノロジーに関する深い知識、技術が身につきます。将来は、化学薬品、化粧品、食品、エネルギー等の分野で、関連した化合物を分析・創造する”分子を操る”プロフェッショナルとして活躍できます。

「生物応用化学科」の教員スタッフは非常に個性的でアクティビティーの高い集団です。そんな環境で、一緒に考え、ものづくりをし、10代最後の期間を思いっきり楽しんでみませんか?

  • 生物応用化学科主任  岸本 昇

生物応用化学科に向いている学生

生物応用化学科では,次のような学生を求めています(アドミッションポリシー)。

  • 化学の力で発明したい!

    化学的に、人に役立つ物質を作ったり、新しい物質を発明したい人

  • 生物の神秘を発見したい!

    生物の力を活かして有用な物質を作ったり、未知の物質を発見したい人

  • 国際的に活躍したい!

    国際性を身につけつつ、地域の特徴や環境に配慮したものづくりをしたい人