BioMechatronics (Dr.Naoaki TSUDA) Lab.

Dr.Tsuda ロボット技術 を使って生活を便利に するための研究をしています。
  • 座学で学んだことを「試す」機会を提供します。
  • 実社会で評価を受ける「社会実装」をめざします。
  • 研究活動を「経験する」機会を提供します。
 知能機械工学科  准教授  津田 尚明

News

IRH2018に参加(Oct/2018)
卒研生がIRH(=International Robot High school)2018に参加し「Best Study Report Award」を受賞しました.初日はJapan Robot Week (JRW) 2018 及びWorld Robot Summit (WRS) 2018 でロボット技術について調査し,2日目には調査結果と事前課題を含めて講演発表しました.
 IRH2018
新聞掲載(Aug/2018)
日経産業新聞(8/31付け)で研究室の活動を紹介していただきました.
日経産業新聞
Best Paper Award(Aug/2018)
専攻科生がThe 4th International Conference on Innovation Engineering and Technology (ICIET2018)の一環として開催された2018 IEEE International Conference on Computational Approach in Smart Systems Design and Applications (ICASSDA2018)で松葉杖歩行訓練装置の研究について講演発表しBest Paper Awardを受賞しました.
Best Paper Award
高校生の研究室インターン(Aug/2018)
高校生が課題研究の一環で研究室を訪問してくれました.ロボット制御の基礎について学習した後,マイコンを使った実習を体験してもらいました.また,学内施設を見学してもらいました.
 高校生が課題研究の一環で研究室を訪問・見学してくれました.
出前教室(Aug/2018)
親子サイエンス(科学)教室をお手伝いさせていただきました.
和歌山ビッグ愛
ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞(Jul/2018)
日本学術振興会から「ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞」を頂きました.これまで公開講座を実施してこれたのは,参加してくださった方々,サポートしてくださったスタッフ・学生の皆さまのおかげです.ここに感謝いたします.
ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
ROBOMECH2018で発表(Jun/2018)
研究室修了生(現大学院生)が専攻科特別研究「控えめな運筆動作矯正装置」についてロボティクス・メカトロニクス講演会@小倉で発表しました.
robomech2018
HRI2018で発表(Mar/2018)
専攻科生がThe 2018 Conference on Human-Robot Interaction (HRI2018) @Chicagoで発表しました.
HRI2018
平成29年度社会実装教育フォーラム(Mar/2018)
卒研生が平成29年度社会実装教育フォーラム@国立オリンピック記念青少年総合センターで発表しました.
 社会実装教育フォーラム
工業教育研究発表大会(Jan/2018)
課題研究をお手伝いさせていただいた高校生達が,第34回和歌山県工業教育研究発表大会ポスターセッションで発表し「研究賞」を受賞しました.
 工業教育研究発表会
PROGテスト(Dec/2017)
卒業研究・特別研究を通して社会人基礎力・ジェネリックスキルがどの程度身についたか確認するために,研究室の学生がPROGテストを受検しました.
 prog

これ以前の情報はこちら

Research

  • 福祉ロボットに関する研究
  • ヒューマンインタフェースに関する研究
  • 自動制御に関する研究
      イノベーティブジャパンバナー(津田准教授)
       (文科省大学間連携共同教育推進事業に参加しました)

詳細はこちら

Teaching

  • ロボット工学
  • 自動制御
  • 情報処理
  • 情報工学
  • 特別実験
  • 工作実習
  • 工学実験

詳細はこちら

Faculty

  知能機械工学科 准教授 博士(工学)津田 尚明    ntsuda[*]ieee.org    (@ for [*])

 学校のアドレス宛てのメールは学外から確認できません。このアドレスにご連絡いただけると早く確認できます。
 詳細はこちらまたはRead&Reserchmap(外部サイトへリンクします)