本校主催、共催、または協力しているイベントや取組事業について

〇和歌山高専次世代・テクノサロン(講演会)を、12月19日(水)と1月17日(木)に開催を予定しています。参加は無料ですので、皆様お誘いあわせの上ご参加ください。
・12月19日(水)18時から花ご坊にて、和歌山県農業試験場暖地園芸センター所長の藤岡唯志氏をお招きし、「和歌山県の特産花きスターチスの品種改良について」と題してご講演いただきます。

・1月17日(木)18時から花ご坊にて、地方独立法人京都市産業技術研究所研究フェロー北川和男氏をお招きし、「セルロースナノファイバーの特徴と最近の実用化展開について」と題して、
また、本校
知能機械工学科田邉大貴助教から「熱可塑性CFRP の成形・接合技術および最新技術動向」と題してご講演いただきます。

詳細はこちらから確認いただけます。

上海電機学院への短期留学報告

平成29年度上海電機学院短期留学報告(667KB)

そのほか取組事業について

イノベーティブジャパンプロジェクト
イノベーティブ・ジャパンP(バナー)

この事業は、東京高専が代表校となって全国21高専が参画し、高専として新たに目指すべき社会実装教育※とはなにかを模索するものです。
本校は連携校として事業に参画しています。

※本事業における社会実装教育とは
1.市民や異なる分野の専門家から生まれる「生きている情報」を工学上の言葉や具体的な技術に変換することのできる高度なコミュニケーション力を育む教育
2.社会の複雑な要求に基づきながら改善や改良に取り組む主体性と創造性を育む教育

情報セキュリティ人材育成事業(K-SEC)
この事業は、高知高専が中核拠点校となって全国18高専が参画し、高度・分野別・基本の3段階に分けた育成する人材像を設定し、15歳からの早期情報セキュリティ教育を実践するものです。携わる専門分野において「守るべきものは何か?」を考えることができる技術者を輩出することを目的としています。本校は実践校として事業に参画しています。

・ロボット人材育成事業
この事業は、鈴鹿高専が拠点校となって全国9高専が参画し、
2020年に向けてのロボット新戦略に沿ったロボット開発人材育成、社会ニーズに対して自ら課題を発見し、現場から得られる膨大な情報をIoTを活用して分析し、課題を解決できる高度なロボットエンジニアを育成することを目的としています。本校は協力校として事業に参画しています。