電気情報工学科 女子学生懇談会を開催しました

 5月9日(火)に、電気情報工学科に在籍する女子学生16名と電気情報工学科教員9名と総合教育科教員1名が参加して、女子学生懇談会を開催しました。
 電気情報工学科では、例年、女子の入学志願者及び入学生の増加を目指しており、ガールズKOSENステイ、オープンキャンパス、学校説明会などの活動に力を入れています。その活動が実を結び、本年度は、電気情報工学科史上最大となる、6名の女子学生の入学につながっています。
 開会にあたり、電気情報工学科 主任 謝 孟春(しゃ もうしゅん)教授から、「現在は女性が社会で働きやすい環境になりつつあり、高専は大学に比べても大変就職しやすいという強みがあります。今後、たくさんの女子学生が入学して、二十年、三十年後、和歌山高専がより発展していけるようにしましょう。」との話がありました。
 電気情報工学科5年の荻田 樹(おぎた いつき)さんは「和歌山高専は自由な校風な上、自分の好きな分野を学べる場所は他になかったので、入学してからずっと楽しいです。電気情報工学科は女子がどんどん増えつつあるし、他学科とも気軽に関われるので、友達もたくさんできます。こうやって女子同士で集まる機会もあるので、次回の参加を是非とも楽しみにしています。」と話しました。
 ケーキやお菓子、紅茶などをいただきながら終始和やかな雰囲気で意見交換でき、また通学生や寮生、学年の垣根を越えた女子学生の友情を育むことができました。
 なお、今年度のガールズKOSENステイは8月26日(土)~27日(日)、オープンキャンパスは8月27日(日)、学校説明会は10月21日(土)に開催予定です。

和気あいあいの懇談会場 ケーキを食べながら懇談
楽しそうな女子学生たち 担任の先生を囲んでの笑顔