平成29年度入学式を挙行


 4月5日(水)に平成29年度入学式を挙行した。
 この日入学したのは160名の本科新入生、3名の外国人留学生と4名の編入学生、19名の専攻科生の計186名。
 最初に新入生一人ひとりに角田校長から入学許可宣言があり、本科入学生を代表して電気情報工学科新一年生の町谷 和飛(まちたに かづたか)さんが「これからの社会を担う者として、より良き未来を創っていくために、常に向上心を持って勉学に励み、豊かな人間性と国際性を備えた技術者を目指して、全身全霊を傾けて邁進することをここに誓います。」と決意を述べた。次に専攻科入学生を代表してエコシステム工学専攻の三原千裕(みはら ちひろ)さんが「専攻科を修了する二年後には人として大きく成長できるよう、真直ぐ前を向いて社会に出ていけるよう、専攻科で精一杯精進いたします。」と宣誓した。
 これに対して角田校長から「今日ここに始まった卒業までの道のりは容易なものではありません。第一に、甘えを捨てて「学生」としての自覚を持ち、第二に、たくさんの友達をつくり、第三に、自分自身の夢・目標に向かって、日々歩みを進めてください。」と式辞を述べた。
 また在校生を代表して知能機械工学科の渡邉 駿(わたなべ しゅん)さんが「打ち込める趣味を見つけてください。趣味に打ち込み深く探求することは感性を豊かにし人生を華やかにします。また、工学と趣味を結びつけて考えてみることで、学校で学ぶことへの興味がわくきっかけにもなります。学業と趣味をほどよく両立させ、五年をかけて趣味を極めようとすることは必ずいい経験になると思います。」と歓迎の言葉を贈り、閉式した。
 式を終えた186名の入学生は、自らが希望する技術者を目指し、日本のものづくりを支えるエンジニアを目指して、夢を形にするため勉学に励むことになる。

平成29年度入学式
本科入学生総代宣誓
専攻科入学生総代宣誓 校長式辞
学級担任紹介 在校生歓迎の辞