和高専・次世代テクノサロンを開催しました


 5月30日(火)、「和高専・次世代テクノサロン」(NPO法人 次世代エネルギー研究所 代表: 高木 浩一 氏)を18:00から花ご坊を会場として開催しました。
 
 今回は、経済産業省 近畿経済産業局 総務企画部 参事官(エネルギー・環境ビジネス担当) 大塚 公彦氏を講師としてお招きし、本校 土井正光 地域共同テクノセンター長の司会のもと、『エネルギーの地産地消で地方を元気に!』と題して講演を行いました。
 講演では、日本におけるエネルギー事情を電気料金の国際比較やエネルギー自給率など様々な観点から紹介され、日本政府が積極的に取り組んでいるエネルギー政策である3E+S(エネルギーの安定供給(Energy Security)、経済効率性 (Economic Efficiency)、環境への適合(Environment)、安全性(Safety))について将来の電力需要を踏まえて説明されました。その後、日本全体での具体的な取り組み事例や関西における事例を数多く紹介されました。
 講演後の質疑応答においては、活発な意見交換が行われ、盛況のうち講演会は終了となりました。
 次回の本企画の開催については、詳細が決まり次第、本校HP等でご案内します。

司会する土井テクノセンター長 講演される大塚氏
質疑応答の様子 会場の様子