よくあるご質問100「和歌山高専について」

    1 . 高専とはどんな学校ですか?
    「高専」とは『高等専門学校』の略語です。高専は、技術者を養成する学校で、全国に国立51校、公私立6校の計57校あり、学生総数は約5万人です。
    高等専門学校、いわゆる「高専」は、深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を養成することを目的とし、5年間一貫教育により、大学生に匹敵するエンジニア(技術者)を養成します。高専の専攻科(高専本科課程卒業後、更に2年間学ぶ課程)は、JABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けており、国際的にもエンジニアを養成する学校として認められています。また、高専は中学校卒業後に入学できる「高等教育機関」でもあり、高等学校では「生徒」と呼ばれ、学校では先生に師事しますが、高専では「学生」と呼ばれ、大学生と同じく、自由であるが故に自主的に学ぶ姿勢が問われ、教員の呼び方も「教授」「准教授」など大学と同じです。 

     

    2 . 高校との違いは何ですか?
    高校との違いは、修業年限(高校は3年。高専は5年)や授業内容などが挙げられます。
    高等学校は、中学校における教育の基礎の上に、心身の発達及び進路に応じて、高度な普通教育及び専門教育を施すことを目的としています。工業高校は、主に技能者(ものづくりの実作業を行う者。)を養成しています。高専と高校の違いは、修業年限(高専は5年、高校は3年)、授業内容(高専は専門科目や実験実習が多い。)、実験設備の充実などがあげられます。高専と高校の繋がりは、運動部の対外試合などでの交流などがあり、高校卒業後に高専の4年次に編入学する道もあります。 

     

    3 . 大学との違いは何ですか?
    高専の本科4,5年生は大学の1,2年生に、専攻科1,2年生は大学3,4年生に相当しますが、学生を養成する目的(将来何になるか)が違います。
    大学と高専は同じ「高等教育機関」ですが、大学は、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とし、高専がエンジニア(技術者)を養成するのに対し、大学は研究者を養成します。高専卒業後、大学の3年次(例外として、東大、京大は2年次)に編入学することもできます。 

     

    4 . 専修学校(専門学校)との違いは何ですか?
    専修学校(専門学校)と高専は、学生を養成する目的が違います。
    専修学校(専門学校)は、職業若しくは実際生活に必要な能力を養成し、又は教養の向上を図ることを目的としています。同じ「専門学校」という名称で呼ばれますが、高専はどちらかといえば大学に似た学校です。また、学校教育法により高専と専門学校は法律上も明確に区分けされています。

     

    5 . 高専の本科とは何ですか?専攻科とは何ですか?
    高専の1~5年の課程を「本科」と呼びます。本科卒業後、さらに2年間の学修で『学士』を取得できる課程を「専攻科」と呼びます。
    和歌山高専には本科課程(1~5年生)と専攻科課程(1~2年生)があり、本科課程の5年生で、一旦、高専を卒業します。本科課程から専攻科課程に進むには、入学試験を経る必要があります。専攻科では、本科で学んだ事を基礎として、より高度な専門知識を学びます。また、JABEE(日本技術者教育認定機構)プロラムは本科4年次より始まり、大学と同等の授業が進められます。和歌山高専では、専攻科を修了すると大学卒業生と同じ「学士」の学位が与えられます。

     

    6 . エンジニア(技術者)とは?
    エンジニア(技術者)とは、専門的な知識と技術をもつ「ものづくり」に長けた人です。
    エンジニアとは、主に工学の分野において、専門的な知識と技術を持ち、「ものづくり」などの仕事に従事する者のことです。外国では「Engineer」の称号は、「学士(工学)」の学位が必要とされますが、高専本科卒業生は、法律上、「準学士」の称号が与えられます。和歌山高専専攻科の修了生は、大学卒業生と同じ「学士(工学)」の学位が与えられ、さらに国家資格である「技術士」の一次試験が免除されます。

     

    7 . 国際的に通用するエンジニアって?
    現代の社会において、エンジニア(技術者)の仕事は日本にとどまらず、特に大きな企業では海外にも出向く機会が増えています。和歌山高専は国際性豊かな技術者を養成しています。
    和歌山高専は、エンジニア教育の国際的な枠組みである「ワシントン協定」に加盟しているJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定校であり、国際水準の教育レベルでのエンジニア養成を行っています。また、低学年からネィティブスピーカー(イギリス人)による英会話の授業やTOEIC(国際ビジネスコミュニケーション協会)試験を授業に取り入れるなど、英語教育にも力を入れています。
    また、海外(主にアジア諸国)からの留学生を、毎年、3年生に数人迎え入れ、共に卒業を目指すことにより、国際性豊かな学生を養成しています。 

     

    8 . どんな人が高専に向いているの?
    技術やものづくりに興味があり、将来、それを活かした仕事をしたい人が高専に向いています。
    「技術」といっても幅広く、和歌山高専の学科で言いますと、機械、電気、情報、物質、化学、生物、建設、まちづくり、防災などです。各学科では、技術者になるために、学科特有の専門知識を学びます。その延長線上に就職(企業など)や進学がありますので、自分の将来像をきちんとお考えください。

     

    9 . 女子でも入学できますか?
    女子学生は大歓迎です。
    女子学生は近年増加傾向にあります。和歌山高専では全体で約15%が女子学生です。あなたも「リケジョ(理系女子)」になってみませんか? 

     

    10 . 和歌山高専の学科について教えてください。
    機械をつくるプロになれる『知能機械工学科』、電・脳のプロになれる『電気情報工学科』、科学実験のプロになれる『生物応用化学科(物質工学科)』、まちをつくるプロになれる『環境都市工学科』の4つの専門学科があります。それぞれ特色が違いますので、ぜひお調べください。
    和歌山高専には、それぞれ特色のある4つの学科があります。機械をつくるプロになれる『知能機械工学科』、電脳のプロになれる『電気情報工学科』、科学実験のプロになれる『生物応用化学科(物質工学科)』、まちをつくるプロになれる『環境都市工学科』。この4つの専門学科で5年間教育を行ないます。入学する皆さんは、これらの4つの学科のいずれかに所属して学習しますが、専門科目の他に4学科共通の科目である『総合教育科』の一般科目も学習します。
    和歌山高専を卒業してから就職・進学する際は、それぞれの学科で学習したことを活かすことになりますので、『わたしはこの道のプロになりたい!』という明確な意思を持って、第1志望学科、第2志望学科を選んでください。

     

    11 . 和歌山高専を見学などで知る機会はありますか?
    「オープンキャンパス」や「学校説明会」などで学校を見学できます。
    オープンキャンパスや学校説明会をはじめ、各種公開講座や高専祭等、和歌山高専の見学や、知っていただくための様々なイベントが開催されています。詳しくはホームページの案内をご覧ください。
    また、これらの機会にどうしても参加できないという場合は、平日に限り、学校見学が可能ですので学生課教務係までお問い合わせください。(0738-29-8242 和歌山高専 学生課教務係)
    なお、和高専HPでは「バーチャル学校見学ツアー」が体験できますので、ぜひご利用ください。 

     

    12 . 入学時にかかる費用はどれくらいですか?
    こちらをご覧ください。

     

    13 . 図書館について教えてください。
    和歌山高専は、学内に蔵書総数9万点を誇る図書館を備えています。専門書や学会誌をたくさん備えており、学生はこの図書館を利用して様々な学習が行えます。また、一般の方の利用も可能です。
    高校にあるのは図書室ですが、高専は大学と同じ高等教育機関ですので、学校内に約9万点の蔵書を誇る図書館があります。図書館には工学系の専門図書や学会誌はもとより、一般教養図書やライトノベル、雑誌も配架しています。平日は午後9時まで(定期試験期間中は午後10時まで)、土曜日は16時まで開館していますので、研究、調査、自学自習やちょっとした息抜きにも利用できます。
    なお、和歌山高専の図書館は、一般来訪者にも開放していますので、是非ご利用ください。
    図書館の詳細はこちら。 

     

    14 . 御坊高専と和歌山高専の違いは?
    御坊高専という学校はありません。「和歌山高専」です。
    学校が御坊市に所在していることもあり、紀南方面ではよく「御坊高専」と呼ばれたりすることがありますが、本校の正式名称は「独立行政法人国立高等専門学校機構和歌山工業高等専門学校」です。「和歌山高専」や「和高専」の略称でお呼びいただいて結構です。