和歌山高専TOP >> 専攻科TOP「概要」









専攻科長挨拶

  専攻科は,高等専門学校の5年間の課程(本科)を修了後に,さらに2年間の高度な教育・研究を行う課程です。本校には平成14年4月に設置されて,現在まで数多くの学士(工学)が巣立っています。
 専攻科では,持続可能な社会の形成に活かせる創造力や多面的な問題を発見・解決する能力があり,豊かな人間性や国際性も兼ね備えた人材を育成することを目的としています。専攻別の定員は8名と少なく,フェイス ツー フェイスの授業や実験,ゼミが受けられ,大学に比べて充実した教育・研究や丁寧な進路指導が行われています。
 専攻科修了生は,大学改革支援・学位授与機構の審査を経て学士(工学)を取得できます。平成27年度からは,本校の専攻科が「1項学士特例規則により特例の適用を認められた専攻科(特例適用専攻科)」に認定されたことにより,従来,学士の学位を取得するために必要であった大学改革支援・学位授与機構による試験が免除されます。また,JABEE(日本技術者教育認定制度)認定「地域環境デザイン工学」プログラムを同時修了して,技術系で最も権威のある国家資格である技術士の1次試験が免除されます。
 多くの学生が専攻科でいろいろなことを感じて,考えて,行動する力や次世代を支える基礎技術を修得して社会で活躍してもらいたいと考えています。

専攻科長  山口 利幸 


専攻科の概要

 専攻科は、高専本科卒業生およびこれと同等の資格を有する社会人等を対象として、さらに深く、幅広く教育研究を行う2年制の課程です。
 本校の専攻科では、
  @ 持続可能な社会の形成に活かせる創造力
  A 多面的に問題を発見し、解決する能力
  B 豊かな人間性と国際性
を備えた人材の育成を目的としています。また、本科の4、5学年と合わせて「地域環境デザイン工学」教育プログラムを設定し、国際的に通用する技術者の育成を目指しています。
 本校の専攻科には、「メカトロニクス工学専攻」(定員8名)と「エコシステム工学専攻」(定員8名)の2専攻が設置されています。本科の知能機械工学科、電気情報工学科を卒業した学生はメカトロニクス工学専攻に、また生物応用化学科、環境都市工学科を卒業した学生はエコシステム工学専攻に進学できます。
 本校の専攻科修了生は、大学評価・学位授与機構の審査を経て、大学工学部卒業生と同じ学士(工学)の学位を取得できます。専攻科修了後は、企業等への就職や大学院への進学(推薦入試制度あり)ができます。


専攻科の魅力

○充実の研究期間
 多くの時間を研究に注げます。専攻科では2年間特別研究が必修であります。一方、大学では研究は4年生の一定期間です。また、専攻科では、本科から良く知っている教員のもとで研究できます。
研究期間の比較
(ピンクが研究期間)

○無駄のない教育(教育の継続性)
 本科での教育を継続して専攻科で学べます。本科の単位は全て認定されます。
 一方、大学3年次へ編入学した場合、大学1・2年での科目(図中の青色部分)を履修または認定試験を受けることで単位を取得しなければならないことがあります。つまり、本科の単位が認められない場合があります。
 また、大学院へ進学する場合、専攻科で取得した単位は全て認定されます。

単位取得の比較
(青色部分を取得)

○少人数教育による確かな実力
 1専攻の定員8名であることから、多くの講義が少人数で行われ、教員とのフェイス ツー フェイスによる指導で、しっかり実力が付きます。さらに、マンツーマン指導による特別研究に取り組む時間が長いので、工学的課題を解決するための考え方や手法をしっかり身に付けることができます。研究成果を学会等で発表することでコミュニケーション能力が磨かれます。
 また、外部機関である大学評価・学位授与機構が行う審査を経て学位を取得するので、実力を第三者機関によって保証されています。

○幅広い知識と技術
 本科での専門を軸足として、専門共通科目の履修でより幅広く、専門専攻科目の履修でより深く知識と技術を修得できます。

○幅広い進路選択
 専攻科修了生は、より高度な知識と技術を身に付けた技術者として、生産技術、設備等の施工管理、設計開発などの職種で活躍しています。
 また、大学院へ進学することにより、上記の職種以外に、研究開発などの職種への道が開かれています。

○多くの求人企業
 本科と同様に多くの求人企業があります。求人企業の資料は、学内LANによって学内の端末から即座に閲覧・印刷ができます。

○優遇された大学院推薦制度
 大学院でより深く教育研究をしたい人は、大学院推薦入試制度を利用できます。豊橋技術科学大学や長岡技術大学など多くの国立大学大学院で実施している推薦入試を活用できます。
 特に、本校は、下記の2校と大学院推薦入試協定を締結しており、学力試験なしに大学院へ進学できます。
@早稲田大学大学院情報生産システム研究科
A和歌山大学大学院システム工学研究科
 さらに、下記の大学院は本校との交流協定を締結しており、一定要件を満たすことにより、大学院へ推薦で入学できます。
B大阪大学大学院工学研究科

○安い学費
国立大学3年次に編入学する場合と比較して約80万円安くなります。
  専攻科 国立大学3年次編入
入学料(入学時のみ) 84,600円 282,000円
授業料(2年間) 469,200円
(年額234,600円)
1,071,600円
(年額535,800円)
合   計 553,800円 1,353,600円

○充実した学生支援
* 本科生と同様に、入学料・授業料等の免除制度があります。
* 本科生と同様に、日本学生支援機構等の各種奨学金制度が利用できます。
* 自宅通学が困難等の理由により入寮を希望する学生には、合格後、入寮希望申請の書類を提出していただき、選考の上、学生寮に入ることができます。















〒644-0023  和歌山県御坊市名田町野島77
TEL. 0738-29-2301
FAX. 0738-29-8216
Email: info@wakayama-nct.ac.jp