情報処理教育センター

 情報処理教育センターについて

 情報処理教育センターは、第一演習室、第二演習室、第三演習室、そして教育用サーバーや高速並列計算機システムが設置されている電子計算機室で構成されています。

 演習室に設置されているパソコンは、すべて教育用サーバーに接続され、各学科で開設されている基礎情報科学、情報処理授業、実験・実習、設計製図などで利用されています。

 第一演習室には、授業において一人一台ずつパソコンが使用できるように、学生用48台と教員用1台のパソコンを備えています。教員用パソコンは、演習室の前後に設置されているプロジェクターに接続されており、教員用パソコンの画面をスクリーンに大画面で表示させることが出来ます。

第一演習室

 第二演習室には、11台のパソコンを備え、少人数の授業に利用されています。

第二演習室

 第三演習室には、学生用48台と教員用1台のパソコンを備えています。教員用パソコンは、天井から吊り下げられた2台のプロジェクターに接続されており、教員用パソコンのディスプレイと同じ画面が演習室の前に設置されている左右のスクリーンに大画面で表示されます。

第三演習室

 電子計算機室は、 学内ネットワーク(LAN)の機器を収容し、全国高専・大学をはじめ国際的なコンピュータネットワークと高速回線で結ばれており(インターネット)、センターの演習室および各学科の研究室から学外へアクセスすることが出来ます。

 センターの利用時間(第一演習室、第二演習室)

 センターの利用時間は、月曜日から金曜日までの平常日(8:30~17:00まで)となっています。

 授業を最優先とし、空いている場合は自由に利用することが出来ます。 

 また、利用許可を受ければ時間延長して利用することが出来ます。