和歌山工業高等専門学校が

地(知)の拠点大学(COC)の認定を受けました

 

 和歌山大学が中心となって申請した平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)*」が採択されたことにより、本校の取組「わかやまを知る若手エンジニアを育成し地域の未来を切り拓く―「地」の「知」の拠点としての和歌山高専―」が、平成27年9月28日付で文部科学省の「地(知)の拠点大学(COC)*」事業として認定されました。
 本校は和歌山県の中南部における拠点校として、和歌山大学、大阪市立大学、地方公共団体並びに地元企業と協働(紀の国大学構想)し、地域の課題を見つけ、地域に貢献できる人材を育成します。

※COCとは「地(知)の拠点整備事業」のこと。自治体を中心に地域と連携し、教育・研究・社会貢献を進め、「地域のための大学」として、地域の課題に取り組んでいく事業を行う大学として認定を受けることで、付与される。
※COC+とは地域のための大学として地域の課題に取り組んでいくと共に、地方公共団体や企業等と協働し、学生にとって魅力的な働く場の創出・開拓と、地域が求める人材の育成を行う事業のこと。


         
文部科学省 COC+についてのHP
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/coc/1356356.htm

和歌山大学 COC+の事業内容についてのHP
https://www.wakayama-u.ac.jp/news/2015092800023/


取組内容の概念図(クリックで拡大します)

和歌山高専 和歌山大学