教員公募

職員公募

 教員公募

和歌山工業高等専門学校では、

 ①知能機械工学科(機械工学関連分野)教員1名の公募

 ②環境都市工学科(都市計画分野)教員1名の公募

 ③電気情報工学科(電気電子工学分野)教員1名の公募

    ④環境都市工学科(環境システム分野)教員1名の公募

 を下記のとおり実施します。

               記

 ①知能機械工学科(機械工学関連分野)教員1名の公募

 知能機械工学科(機械工学関連分野)教員公募要項(詳細)

 

所属学科 知能機械工学科
募集人員 准教授、講師または助教 1名
専門分野 機械工学関連分野
担当教科目 上記専門分野関連科目、機械工学実験、機械設計製図、卒業研究(本科)および
特別研究(専攻科)
着任時期 令和3年10月1日以降のできるだけ早い時期
応募資格

(1)博士の学位、または技術士資格を有する方

※博士の学位及び技術士資格を着任までに取得見込みの方を含む。

(2)高等専門学校の教育に理解があり、学生の教育・指導に熱心な方

(3)産学連携や地域協力に積極的な方

(4)日本語を母語としない者にあっては、日本語での業務が可能であること

応募期限 令和3年7月9日(金)17:00必着
問い合わせ先

和歌山工業高等専門学校 知能機械工学科 教授

知能機械工学科主任  大村 高弘

Tel0738-29-8345

e-mailoomura※wakayama-nct.ac.jp

メール送信時には、@に変えて送信してください。

詳しくは知能機械工学科(機械工学関連分野)教員公募要項(詳細)をご覧ください。

 

環境都市工学科(都市計画分野)教員1名の公募

環境都市工学科(都市計画分野)教員公募要項(詳細)

所属学科 環境都市工学科
募集人員 助教 1名
専門分野 都市計画分野
担当教科目 測量学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、測量学実習Ⅰ・Ⅱなどの測量学関連科目、都市地域計画などの
土木計画学関連科目、環境都市工学科の基礎科目(情報処理関連、実験・実習、
演習科目)、
卒業研究(本科)および特別研究(専攻科)
着任時期 令和3年10月1日以降のできるだけ早い時期
応募資格

(1)博士の学位を有する方

※博士の学位を着任までに取得見込みの方を含む。

(2)高等専門学校の教育に理解があり、学生の教育・指導に熱心な方

(3)産学連携や地域協力に積極的な方

(4)日本語を母語としない者にあっては、日本語での業務が可能である
   こと

(5)令和4年年41日の時点で35歳までの方
   (昭和6142日以降に生まれた方)

※雇用対策法施行規則第1条の31項第3号のイの適用により、長期勤続
によるキャリア形成を図るため。
応募期限 令和3年7月9日(金)17:00必着
問い合わせ先

和歌山工業高等専門学校 環境都市工学科 教授

環境都市工学科主任  小池 信昭

Tel0738-29-8453

e-mailkoikenob※wakayama-nct.ac.jp

メール送信時には、@に変えて送信してください。

詳しくは、環境都市工学科(都市計画分野)教員公募要項(詳細)をご覧ください。

 

電気情報工学科(電気電子工学分野)教員1名の公募

電気情報工学科(電気電子工学分野)教員公募要項(詳細)

所属学科 電気情報工学科
募集人員 准教授、講師または助教 1名
専門分野 電気電子工学分野
担当教科目 上記専門分野関連科目、電気情報工学実験、電気エネルギー、高電圧工学、
回路網理論、電気回路、卒業研究(本科)、および特別研究(専攻科)
着任時期 令和4年4月1日
応募資格

(1)博士の学位を有する方

(2)企業等他機関での実務経験(フルタイム職員として1年以上の経験)
   を有する方

(3)高等専門学校の教育に理解があり、学生の教育・指導に熱心な方

(4)産学連携や地域協力に積極的な方

  (5)日本語を母語としない者にあっては、日本語での業務が可能であること
応募期限 令和3年8月27日(金)17:00必着
問い合わせ先

和歌山工業高等専門学校 電気情報工学科 教授

電気情報工学科主任  岡本 和也

Tel0738-29-8308

e-mailokamoto※wakayama-nct.ac.jp

メール送信時には、@に変えて送信してください

詳しくは、電気情報工学科(電気電子工学分野)教員公募要項(詳細)をご覧ください。

 環境都市工学科(環境システム分野)教員1名の公募

環境都市工学科(環境システム分野)教員公募要項(詳細)

所属学科  環境都市工学科 
 募集人員  助教 1名
専門分野 環境システム分野
 担当教科目

 環境工学基礎・環境工学Ⅰ〜Ⅳ(環境保全・環境影響評価・生態工学・廃棄物・
環境
計画)などの環境工学関連科目、水理学Ⅰ・Ⅱなどの水工学関連科目、および
環境
市工学科の基礎科目(情報処理関連、測量学実習、実験・実習、演習科
目)の中から
既存教員と分担して担当。また卒業研究(本科)および特別研究
(専攻科)も担当。

着任時期   令和4年4月1日
 応募資格  (1)博士の学位を有する方

※博士の学位を着任までに取得見込みの方を含む。

(2)高等専門学校の教育に理解があり、学生の教育・指導に熱心な方

(3)産学連携や地域協力に積極的な方

(4)日本語を母語としない者にあっては、日本語での業務が可能であること

(5)令和441日の時点で35歳までの方(昭和6142日以降に生まれ
   た方)

※雇用対策法施行規則第1条の31項第3号のイの適用により、長期勤続
によるキャリア形成を図るため。
 応募期限  令和3年9月30日(木)17:00必着
 問い合わせ先  和歌山工業高等専門学校 環境都市工学科 教授

環境都市工学科主任  小池 信昭

Tel0738-29-8453

e-mailkoikenobwakayama-nct.ac.jp

メール送信時には、@に変えて送信してください。

詳しくは、環境都市工学科(環境システム分野)教員公募要項(詳細)をご覧ください。 

職員公募

和歌山工業高等専門学校では、

①非常勤職員(技術補佐員:生物応用化学科)3名

②非常勤職員(技術補佐員:環境都市工学科)1名

③非常勤職員(事務補佐員:総務・企画係)1名

 の公募を下記のとおり実施します。

 

                記

非常勤職員(技術補佐員:生物応用化学科)3名の公募

非常勤職員(技術補佐員:生物応用化学科)公募要領 (詳細)

 

職種 技術補佐員
募集人員 3名
雇用期間

令和3年7月1日以降のできるだけ早い時期~

令和4年3月31日

※契約更新の可能性あり(定員及び予算状況により、契約期間満了時
の業務量、勤務成績、態度、能力等を判断したうえで、年度更新の
可能性あり)。

※契約更新は最長で令和6年3月31日までを予定。
(契約延長日(予定):令和4年4月1日、令和5年4月1日)
労働条件

労働日:月、水、金曜日又は火~木曜日

(就業時間)900分~1545

(休憩時間)1215分~1300

※週18時間勤務

※若干の超過勤務の可能性あり

※就業時間については1日6時間

※勤務日及び時間については応相談
職務内容

生物応用化学科において、『GEAR5.0未来技術の社会実装教育
の高度化(高専発!「Society5.0型未来技術人財」育成
事業)』「KOSENテクノロジーを結集した防災減災の研究・教育」
推進に係る本校における以下の業務補助。

 ・化学系実験及び研究(化学合成、成分抽出、精製)

・生物系実験及び研究(微生物、培養細胞、遺伝子実験)

・研究データの整理、文書作成

・その他、GEAR5.0事業に関する業務
応募資格

下記の全てに該当する者

① 高校以上の学歴を有する者(これと同等以上と認める
    ものを含む)

 ② パソコン(ワード、エクセル)を使用できる者
受付期間

令和3年6月4日(月)~令和3年6月18日(金)

(受付及び応募書類提出期限17時必着)
応募書類

① 履歴書(市販のものを利用、3ヶ月以内撮影の

顔写真貼付)

 ② 職務経歴書(様式不問)

応募書類提出先

及び問い合せ先

〒644-0023 和歌山県御坊市名田町野島77

和歌山工業高等専門学校 総務課人事係

電話:0738-29-8214

E-mail : jinji※wakayama-nct.ac.jp

※メール送信時には、※を@に変えて送信してください。

※応募書類は、封筒の表に「技術補佐員(生物応用化学科)
応募書類在中」と朱書きのうえ、簡易書留で郵送、又は持参して
ください。
持参の場合は、受付期間中の平日(月~金)の9:00
~12:00、
13:00~17:00の間に提出してください。

 

詳しくは、非常勤職員(技術補佐員:生物応用化学科)公募要領 (詳細)をご覧ください。

 

 ②非常勤職員(技術補佐員:環境都市工学科)1名の公募

非常勤職員(技術補佐員:環境都市工学科)公募要領 (詳細)

職種 技術補佐員
募集人員 1名
雇用期間

令和3年7月1日以降のできるだけ早い時期~

令和4年3月31日

※契約更新の可能性あり(定員及び予算状況により、契約期間
満了時の業務量、勤務成績、態度、能力等を判断したうえで、
年度更新の可能性あり)。

※契約更新は最長で令和6年3月31日までを予定。
(契約延長日(予定):令和4年4月1日、令和5年4月1日)
労働条件

労働日:月、水、金曜日又は火~木曜日

(就業時間)900分~1545

(休憩時間)1215分~1300

※週18時間勤務

※若干の超過勤務の可能性あり

※就業時間については1日6時間

※勤務日及び時間については応相談
職務内容

環境都市工学科において、『GEAR5.0未来技術の社会実装
教育の高度化(高専発!「Society5.0型未来技術人財」育成
事業)』「KOSENテクノロジーを結集した防災減災の研究・教育」
推進に係る本校における以下の業務補助。

・環境系実験及び研究(試薬準備、濃度計測等)

・研究データの整理、文書作成

・寺院等の現地調査

・その他、GEAR5.0事業に関する業務

※現地調査のための出張があります。
応募資格

下記の全てに該当する者

① 高校以上の学歴を有する者(これと同等以上と認めるものを含む)

② パソコン(ワード、エクセル)を使用できる者

受付期間

令和3年6月4日(月)~令和3年6月18日(金)

(受付及び応募書類提出期限17時必着)
応募書類

① 履歴書(市販のものを利用、3ヶ月以内撮影の

顔写真貼付)

 ② 職務経歴書(様式不問)

応募書類提出先

及び問い合せ先

644-0023 和歌山県御坊市名田町野島77

和歌山工業高等専門学校 総務課人事係

電話:0738-29-8214

E-mail : jinjiwakayama-nct.ac.jp

メール送信時には、@に変えて送信してください。

応募書類は、封筒の表に「技術補佐員(環境都市工学科)
応募書類在中」と朱書きのうえ、簡易書留で郵送、又は持参
してください。持参の場合は、受付期間中の平日(月~金)の
900120013001700の間に提出してください。

詳しくは非常勤職員(技術補佐員:環境都市工学科)公募要領 (詳細)をご覧ください。

 

 ③ 非常勤職員(事務補佐員:総務・企画係)1名の公募

非常勤職員(事務補佐員:総務・企画係)公募要領 (詳細)

職種 事務補佐員
募集人員 1名
雇用期間

令和3年7月1日以降のできるだけ早い時期~

令和4年3月31日

※契約更新の可能性あり(定員及び予算状況により、契約期間満了時の
業務量、勤務成績、態度、能力等を判断したうえで、年度更新の可能
性あり)。

※契約更新は最長で令和6年3月31日までを予定。(契約延長日
(予定):令和4年4月1日、令和5年4月1日)
労働条件

労働日:月~金曜日

(就業時間)1015分~1700

(休憩時間)1215分~1300

※週30時間勤務

※若干の超過勤務の可能性あり

※就業時間については1日6時間
職務内容

総務課総務・企画係において、『GEAR5.0未来技術の社会実
装教育の高度化(高専発!「Society5.0型未来技術人財」育成
事業)』「KOSENテクノロジーを結集した防災減災の研究・教育」
推進に係る本校における以下の業務補助。

・書類チェック・作成、データ入力、書類整理等

・電話・メール対応

・窓口(学生・職員・来客)対応

・外部資金申請に関する事務手続き

・報道機関等へのプレスリリース等広報業務

・その他、関係教職員の当該事業に関する事務

応募資格

下記の全てに該当する者

① 高校以上の学歴を有する者(これと同等以上と認めるもの
   を含む)

 ② パソコン(ワード、エクセル)を使用できる者
受付期間

令和3年6月4日(月)~令和3年6月18日(金)

(受付及び応募書類提出期限17時必着)
応募書類

① 履歴書(市販のものを利用、3ヶ月以内撮影の

顔写真貼付)

    ② 職務経歴書(様式不問)

応募書類提出先

及び問い合せ先

644-0023 和歌山県御坊市名田町野島77

和歌山工業高等専門学校 総務課人事係

電話:0738-29-8214

E-mail : jinjiwakayama-nct.ac.jp

メール送信時には、@に変えて送信してください。

応募書類は、封筒の表に「事務補佐員応募書類在中」と朱書き
のうえ、簡易書留で郵送、又は持参してください。持参の場合は、
受付期間中の
平日(月~金)の900120013001700
間に提出してください。

詳しくは、非常勤職員(事務補佐員:総務・企画係)公募要領 (詳細)をご覧ください。

 

近畿地区国立大学法人等職員統一採用試験(一次試験)について

この採用試験は、近畿地区に置かれる国立大学法人、独立行政法人国立高等専門学校機構、大学共同利用機関法人の事務系(図書業務を含む)及び技術系の業務に従事する職員を採用するための試験です。詳しくは、近畿地区国立大学法人等職員統一採用試験事務室(https://kinki-ssj.adm.kyoto-u.ac.jp/)でご確認ください。

平成16年4月、全国の国立高等専門学校は、文部科学省の組織から離れ、独立した法人格を持つ「独立行政法人国立高等専門学校機構」となりました。

法人化により、職員は国家公務員ではなくなることから、職員の採用方法は、これまでの「国家公務員採用試験」から「国立大学法人等職員統一採用試験」によることとなります。国立大学法人等職員統一採用試験は、全国を7ブロック(北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州)に分けて実施されます。