企業実践講座第4回講義(COC関連講義)を実施

2017年10月25日

 本校(校長:角田範義)では、1025日(水)、本科4年生共通の選択科目である「企業実践講座」の第4回講義を実施しました。

「企業実践講座」とは、和歌山県内の企業経営者や現場管理者などを講師にお迎えし、実際の企業活動の概要や企業を取り巻く環境・制度および企業を維持するための種々の施策や活動について、実例・実話をもとに学習し、企業の状況を表すデータの読み方を理解することなどを目的とした授業です。第4回目の今回は、本校卒業生の株式会社 石橋 代表取締役社長 石橋幸四郎様を講師にお迎えし、「起業するには(資金、従業員、届け出等)」をテーマに講義をしていただきました。

 まず、ご自身のこれまでの経験についてお話しいただきました。学生時代や社会人になった頃の先輩の経験談に、学生たちは熱心に聴き入っていました。その後は「会社とは何か、働くとは何か」といったことについても丁寧に解説していただき、起業と雇用について詳しくご説明いただきました。

 講義終了後、学生たちからは「働くことの意味、就職することの意味を再確認することができました」「今までの知識を活かして働くためには、これからの知識も増やして融合発展させることが重要で、将来は自分の個性として誇れるものを作りたいと思いました」などの感想が寄せられ、先輩からの貴重なお話に、多くの刺激を受けたようでした。

 なお、本講座は文部科学省主催の地(知)の拠点整備事業(COC)の助成を受けています。

(記事)企業実践講座1
講演を行う石橋氏
企業実践講座2
学生からの質問に答える石橋氏