知能機械工学科 田邉助教が「日本材料学会 優秀講演発表賞」を受賞

2019年6月21日

本校(校長:角田範義)の知能機械工学科・田邉大貴 助教が、日本材料学会の「優秀講演発表賞」を受賞しました。それを受け、令和元年6月21日(金)に本校特別会議室にて、校長に報告を行いました。

同賞は、5月25日~26日に室蘭工業大学にて開催された日本材料学会 第68期学術講演会における「複合材料研究・応用の最前線」の講演セッションにおいて発表した内容が、研究・討論内容および発表態度等の点において総合的に評価され、優秀と認められたため受賞が決定したものです。
 本研究は、次世代の航空機分野や自動車分野および産業機器分野での利用が着目されている「炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(熱可塑性CFRP)」をハイサイクルで高い接合強度・信頼性で融着接合することを目指しています。

報告の後は、角田校長と懇談をし、意見交換を行いました。

受賞した田邉助教(左)と角田校長(右)
受賞した田邉助教(左)と角田校長(右)