本校と鳥羽商船高専が「海洋研究プロジェクト」のキックオフセミナーを開催

2018年9月7日

 本校(校長:角田範義)と鳥羽商船高等専門学校(校長:林祐司)=三重県鳥羽市=が、3月に締結した包括連携協定に基づき、「海洋研究プロジェクト」のキックオフセミナーを9月7日(金)に、鳥羽商船高専を会場として開催しました。
 「海洋研究プロジェクト」は、文部科学省の平成30年度高専4.0イニシアティブに和歌山高専が申請・採択された事業で、工業高専と商船高専が連携し、「海洋」に関する研究や教育をすすめるというものです。
 海洋研究プロジェクトキックオフセミナーには、本校から10名、鳥羽商船高専から18名が参加し、海洋研究プロジェクトの概要をプロジェクトリーダーである綱島克彦生物応用化学科教授が説明した後、両校の教員が海洋に関する研究へ発展する可能性のある研究シーズを紹介しました。更に、発表者以外も全員が自己紹介と共に、今後の両校間の共同研究のヒントになるよう自分の専門とする研究分野について紹介を行いました。
 キックオフセミナーの閉会後、今後の海洋調査や各種シミュレーション等への活用検討のため、鳥羽商船高専所有の練習船「鳥羽丸」=全長40メートル、幅8メートル、総トン数244トン、定員56人=の船内見学、世界各国の港湾を再現できる船舶航行シミュレーションの体験が行われました。

キックオフセミナーの様子1 キックオフセミナーの様子2  船内見学の様子
キックオフセミナーの様子1 キックオフセミナーの様子2 鳥羽丸を見学する様子