公開講座「【ひらめき☆ときめきサイエンス】微生物で守る和歌山の海」を開催

2019年8月30日

本校(校長:角田範義)では、8月17日(土)、公開講座「【ひらめき☆ときめきサイエンス】微生物で守る和歌山の海」を生物応用化学科(主任:米光裕)が開催し、20名の小中学生が参加しました。
 この公開講座は
KAKENによる助成を受けて実施したもので、海洋環境保全研究に関する技術や知見を次世代の子供達に体験してもらうために企画されたものです。海洋微生物による砂の固化やSDGs持続可能な開発目標)に関する話や、アマモ(海草)の種を埋め込んだバイオセメントをパチンコで海上に飛ばすコンテスト等を行いました。
 本内容の趣旨や内容については、9月3日(火)午後6時にテレビ和歌山で放映される番組や、日本財団「海と日本
Project in 和歌山県」でも紹介されます。

バイオセメンテーション原理の実験 パチンコ大会の様子
 バイオセメンテーション原理の実験 パチンコ大会の様子