公開講座「木材の3Dパズル」開催

2019年8月30日

本校(校長:角田 範義)では、8月26日(水)に公開講座「木材の3Dパズル」を、技術支援室(辻原 治 室長)が本校「ものづくりセンター」内で開催しました。本講座には小・中学生20名が参加しました。
 まず、ものづくりセンターの見学を行いました。NC旋盤とレーザー加工機の加工および3D CADの実演を見学しました。その後、講師の谷皓仁 技術職員から、「レーザーとは何か」と「レーザー加工機の原理」について説明がありました。
 その後、参加職員らの指導の下、実際に手順を確認しながら、あらかじめレーザー加工機で加工しておいたキットの組立に入りました。作業手順の説明の際には、谷技術職員の手元を映しながら組み立て手順の説明が行われました。組立が難しかったためか時間を少し超過してしまいましたが、その時まで参加者たちは一生懸命に組立作業に励んでいました。
 終了後のアンケートでは組み立てが難しかったという意見もありましたが、「物を作ることが苦手だったけど、とても好きになりました。」という嬉しい意見もあり、参加者に満足していただけたのではないかと感じています。

指示通り組んでいく参加者 キットの組立完成図
   指示通り組んでいく参加者 キットの組立完成図