本校で校内31箇所に樹木名プレートを設置

2020年10月20日

本校(校長:北風幸一)では、10月12日(月)に学内有志(学生会、ボランティアサークル amoeba、教職員)が集まり、校内の自然観察イベントを開催しました。
  樹木アドバイザーとして正木造園(日高川町)代表の正木浩氏をお招きし、樹木の特性や名前の由来などを教えていただきながら、校内31箇所に樹木名プレートの設置を行いました。 

樹木プレート画像報告

 本イベントは、身近な自然環境への理解を深めることによって、植物や自然に親しみ、森林を愛する人を増やしていくことを目的に実施されたもので、公益財団法人 ニッセイ緑の財団様より和歌山高専オリジナルの小冊子と樹木プレートの寄贈をいただいております。