令和3年度 電気学会東北支部長賞(優秀論文賞)を徐嘉楽 助教(知能機械工学科)が受賞

2021年7月12日

本校(校長:北風 幸一)の知能機械工学科の徐嘉楽 助教が2021年4月20日(火)に一般社団法人電気学会東北支部長賞(優秀論文賞)を受賞しました。

今回の受賞は、2019年12月に一般社団法人電気学会論文誌E部門に掲載された論文「種々サイズの凸構造をもつ周期的なSiマイクロ凹凸表面による触感の評価」の学術性が高いと評価されたことによるものです。この論文賞は、おおむね過去2年以内に発表された論文を電気学会東北支部役員が推薦し授賞するもので、今回は3名の方が表彰されています。

今回の受賞を受けて徐 助教は、「一般社団法人電気学会東北支部長賞(優秀論文賞)を受賞することができ、大変嬉しく思っております。本研究は、山形大学の峯田貴 教授および野々村美宗 教授と共同で研究を行い、多くのサポートをいただき、試行錯誤の結果に得られたものです。この場をお借りし、深く感謝申し上げます。今後も初心の気持ちを忘れずに日々精進し、社会の役に立つような研究に励んでいきたいと考えております。」と感想を述べていました。

 

表彰を受けた徐嘉楽助教 (右)と北風校長
表彰を受けた徐嘉楽助教 (右)と北風校長