本校の知能機械工学科の石橋春香 助教が公益社団法人計測自動制御学会計測部門論文賞を受賞

2021年10月8日

本校(校長:北風幸一)知能機械工学科の石橋春香 助教が2021年10月1日(金)に公益社団法人計測自動制御学会計測部門論文賞を受賞しました。2020年4月に計測自動制御学会論文集に掲載された論文「A0モードラム波動場の点波源拘束偏微分方程式にもとづく欠損のシルエット像再構成」の学術性が高いと評価されての受賞となりました。この論文賞は、2020年1月から12月の1年間に論文集に発表されたものの中から選ばれるもので、今回は1名が表彰されています。

今回の受賞を受けて、石橋 助教は、「公益社団計測自動制御学会制御部門論文賞を受賞することができ、大変うれしく思っております。本研究は、佐賀大学の寺本顕武 教授の手厚いご指導と当時の学部生、院生のみなさんのサポートによって進めることができました。この場をお借りし、深く感謝申し上げます。今後も初心を忘れずに日々精進し、超音波測定・非破壊検査の発展と普及を目指し研究に精進したいと考えております。」と感想を述べていました。

 

  表彰を受け取った石橋 助教(写真:左)
 表彰状を受け取った石橋 助教(写真:左)と北風校長(写真:右)