本校の知能機械工学科の樫原恵蔵教授が学術功績賞を受賞

2021年11月24日

 本校(校長:北風幸一)知能機械工学科の樫原恵蔵教授が11月12日(金)に一般社団法人軽金属学会70周年記念学術功績賞を受賞しました。この賞は本会が編集する雑誌「軽金属」と「Materials Transactions」への論文投稿が顕著であった筆頭著者に授与されるもので、正会員1,426名の中から樫原教授の他、9名が選出されました。
 今回の受賞を受けて樫原教授は、「2001年に若手研究者対象の軽金属奨励賞、2009年に優秀論文に授与される軽金属論文賞、そしてこの度、積み重ねてきた研究成果に対して授与される本賞をいただきました。これまでご指導いただいた三浦博己先生(豊橋技術科学大学教授)、辻伸泰先生(京都大学教授)、小西晴之様(神戸製鋼所)、柴柳敏哉先生(富山大学教授)、稲垣裕輔先生(元湘南工科大学教授)、J. A. Wert先生(元デンマークRisoe国立研究所教授)、猪子富久治先生(徳島大学名誉教授)に感謝申し上げると共に、本校教職員皆さまのご支援ならびに力学材料系研究室学生のご協力に感謝し、今後とも研究成果を本校教育や地域貢献にフィードバックできるよう努力します。」と感想を述べていました。

受賞報告の様子(左:樫原教授、右:北風校長)
受賞報告の様子(左:樫原教授、右:北風校長)