留学生研修旅行を実施

2022年10月6日

本校(校長:北風 幸一)では、101日(土)、2日(日)に、留学生に日本文化への理解を深め、留学生同士の親睦を深めてもらう目的で研修旅行を実施しました。今回は、留学生8名が和歌山県日高エリアで民泊と体験学習を経験しました。

 1日の午前は美浜町三尾地区の海岸でSUP(ボードに乗りパドルを漕いで水面を進むアクティビティ)に挑みました。皆、初めての体験でしたが、1時間ぐらいでボードに立てるようになり、海上を自由に行き来できるようになりました。午後からは、海岸に漂着したガラス・プラスチック片などを装飾に利用したシーグラスボールペン作りを行いました。カラフルなボールペンを作成できただけではなく、海の環境保護についても学ぶことができました。夜は「紀州体験交流ゆめ倶楽部」の紹介で民泊を体験し、受け入れ家庭の方々との交流を楽しむことができました。

 2日は日高川町中津地区で観賞用多肉植物を入れる焼杉鉢づくりを行いました。自分の気に入った植物を寄せ植えすることに真剣に取り組んでいました。

 新型コロナウィルス感染症のためいろいろな活動が制限されてきた留学生にとって、貴重な日本での思い出作りの場になりました。

 

SUP体験

シーグラスボールペン作り
SUP体験

シーグラスボールペン作り