本校学生が「高専ビジネスコンテスト2024in鈴鹿高専」にて受賞

2024年2月9日

「高専ビジネスコンテスト2024in鈴鹿高専」が、1月15日(月)~1月20日(土)に鈴鹿高専内の起業家工房とオンラインでハイブリット開催され、本校(校長:井上示恩)のコンピュータ部(部長:電気情報工学科 謝孟春 教授)の学生らが参加し、堀 甲希さん(生物応用化学科4年)がチャレンジ賞を受賞しました。

 堀さんは、「UNse-project(アンズ-プロジェクト)」と名付けたアイデアで出場しました。
「UNse-project」は、自らデザインしたオリジナルキャラクター「鮪崎マオ(しびさきまお)」のプロデュースを目的とした企画であり、現在はイラスト・音声合成・Webサイトのコンテンツがあります。

 本コンテストにおいて堀さんは、「ハンドメイドキャラクター」のビジネスモデルを提案し、高い技術力が評価され、受賞しました。

 審査員には、株式会社サイバーエージェント、DeNA(株式会社ディー・エヌ・エー)、株式会社MIXIの社員が、学生に技術力を試す場を提供することを目的に参加しました。

 堀さんは、「提案したモデルをパッケージング商品として安価に提供できるよう、1年後を目途に資金を集め、起業し、3年後には運営基盤の構築をしていきたいと考えています」と意気込みを表明しました。
 受賞に対し、井上校長は「今回の機会を活かして、将来ビジネスの実現に向けて頑張ってほしい」と激励しました。


 

   

校長への受賞報告

(左:謝部長、中央:堀さん、右:井上校長)

考案された「鮪崎マオ」ちゃん