卒業生の進路

 電気情報工学科の卒業生は、電気・電子機器産業や情報・通信産業をはじめ、各種インフラ(エネルギー、輸送、放送)や各種プラント、金融などあらゆる分野に就職しています。生産技術のエキスパートとして、あるいは、ハードウェア及びソフトウェアの設計・開発者として技術現場で広く活躍しています。また、毎年、半数以上の卒業生が他大学や専攻科へ進学しています。 就職に関しては、求人数も増加傾向にあり、求人倍率もそれに伴い非常に高い水準となっています。

進学先・就職先の内訳(平成30年度実績)

就職先

 ANAラインメンテナンス(株),(株)SRD,NECネッツエスアイ(株),(株)NHKメディアテクノロジー,(株)NTT-ME,(株)エヌ・ティ・ティネオメイト(2名),カイロスキ(株),花王(株),関西電力(株),紀州ファスナ―工業(株),キャノン(株),クオリティソフト(株),新関西国際空港エンジニアリング(株)(3名),住友電気工業(株),住友電設(株),寺崎電気産業(株),日鉄住金物流(株),日東電工(株),ノーリツプレシジョン(株),(株)ファインディックス,三菱電機システムサービス(株)(2名),(株)ミライト情報システム

進学先

   長岡技術科学大学,信州大学,豊橋技術科学大学(2名)和歌山高専専攻科(5名)

※和歌山高専専攻科:高専本科卒業生・社会人などを対象として、さらに深く、幅広く教育研究を行う2年制の課程です。学士号を取得することができます。